ここから本文です

終了間際にララナが劇的ゴール!新生・イングランドは白星発進

ゲキサカ 9月5日(月)9時28分配信

[9.4 ロシアW杯欧州最終予選 スロバキア0-1イングランド]

 ロシアW杯欧州最終予選のグループリーグ第1節が4日に行われた。F組のイングランド代表はスロバキア代表に1-0で勝利し、サム・アラダイス新監督の初陣を白星で飾った。

 この日の試合、中盤で先発起用されたMFウェイン・ルーニーは、イングランド代表通算116試合目を記録。デイビッド・ベッカム氏の記録を更新し、フィールドプレイヤーでは最多出場。歴代選手のなかでは2位の出場数となった。

 立ち上がりからボールを保持したイングランドだったが、スロバキアの守備を完全に崩すことはできずに得点は生まれない。決定機のシュートも枠を外れ、1トップを務めたFWハリー・ケインも不発。前半を0-0で折り返す。

 後半12分にはケインを倒したDFマルティン・シュクルテルが2枚目の警告を受けて退場。数的有利に立ったイングランドは、MFジョーダン・ヘンダーソンに代わり、MFデレ・アリを投入。新監督は勝負に出る。

 後半30分にはMFアダム・ララナが強烈なミドルシュートを放つも、ポスト左を叩く。こぼれに詰めるも、相手DFにブロックされた。同37分には最後の交代カードを切り、ケインに代わって、FWダニエル・スターリッジが投入される。

 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム5分。ついに試合は動いた。DFダニー・ローズの低めの左クロスがPA左へ落ちる。拾ったのはララナ。冷静にボールを落とし、左足を振りぬくと相手GKに当たったボールはゴールネットを揺らした。

 直後に試合は終了。アラダイス監督率いる新生・イングランド代表が1-0で勝利し、初陣を白星で飾った。

 なおF組の他カードでは、リトアニアはスロベニアと2-2のドロー。スコットランドはマルタに5-1の快勝を果たしている。

最終更新:9月5日(月)9時43分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]