ここから本文です

ミュラーが2G1Aと全得点に絡む活躍、ドイツはノルウェーに3発勝利

ゲキサカ 9月5日(月)10時16分配信

[9.4 ロシアW杯欧州最終予選 ノルウェー0-3ドイツ]

 ロシアW杯欧州最終予選のグループリーグ第1節が4日に行われた。C組のドイツ代表は敵地でノルウェー代表に3-0で勝利し、白星発進に成功した。同組ではアゼルバイジャンがサンマリノを1-0で下し、チェコと北アイルランドはスコアレスドローだった。

 ドイツはMFトーマス・ミュラーが2得点1アシストの活躍を挙げ、勝利へ大きく貢献した。先制点が生まれたのは前半15分、PA内でこぼれを拾ったミュラーのシュートは相手DFに阻まれるも、自ら詰めてゴールネットを揺らす。泥臭いゴールで1-0と先制に成功した。

 さらに前半終了間際の45分には追加点。MFメスト・エジル、ミュラーとつなぎ、スルーパスからPA右へ抜けたDFジョシュア・キミッヒが右足を振りぬく。キミッヒの代表初得点がゴール左へ決まり、2-0と差を広げた。

 後半に入っても攻撃の手を緩めることないドイツは、後半15分に追加点。MFサミ・ケディラの右クロスから中央へ走り込んだミュラーがヘディングシュート。3-0と突き放した。

 そのまま試合は終了。ミュラーの2得点1アシストと全得点に絡む活躍で、ドイツが3-0でノルウェーを下し、白星発進した。

最終更新:9月5日(月)10時16分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。