ここから本文です

ミランに資金力があれば…イブラ代理人「間違いなくお気に入りのクラブだ」

ゲキサカ 9/5(月) 21:13配信

 今夏、パリSGからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、開幕3戦で3ゴールと大暴れしているFWズラタン・イブラヒモビッチだが、十分な資金があればミランに移籍していた可能性もあったようだ。

 英紙『メトロ』によると、代理人のミーノ・ライオラ氏は『メディアセット』に「イタリアには彼を雇うだけの資金力がなかったんだ。だから、私たちは別のプランを考えなければならなかったんだ」と明かしている。

 さらに「ミランは今も彼の心の中にある。イタリアでは間違いなくお気に入りのクラブだ。あるいは世界中のクラブを含めてもね」とイブラヒモビッチにとってミランが特別なクラブの一つだとしながらも、「ただ、今回の移籍ではマンチェスター・Uへの移籍しか私たちは考えていなかったよ」と話している。

最終更新:9/5(月) 21:13

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革