ここから本文です

連敗に危機感強める岡崎「負けが続くと自信持てない」

ゲキサカ 9月5日(月)22時54分配信

 ここで嫌な流れを断ち切る。日本代表FW岡崎慎司(レスター・シティ)は6日のW杯アジア最終予選・タイ戦に向け、「ここで勝ってイーブンというか、1勝1敗に持ち込んで、前回の試合から切り替えられるような試合にしたい」と意気込んだ。

 最終予選初戦となった1日のUAE戦は1-2の逆転負け。まさかの黒星スタートとなり、6月7日のキリン杯決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(1-2)に続く2連敗となった。日本代表の国際Aマッチ2連敗は、14年6月24日のブラジルW杯・コロンビア戦(1-4)、同9月5日のキリンチャレンジ杯・ウルグアイ戦(0-2)以来、約2年ぶりだ。

「今、2連敗しているし、負けが続くと、どうしても自信を持てない。勝つには気持ちが必要だと思うし、勝って次の予選につながる試合にしないといけない」。危機感を強める岡崎は悲壮な決意を口にした。

 セットプレーからの1得点にとどまったUAE戦を「攻撃が単調だった」と振り返る岡崎。「(攻撃が)中、中になると相手も締めてくる。中を使いながら、外を起点に攻撃の形をつくれれば。外からの攻めが成功すれば、次は中が使える」と、攻撃のイメージを膨らませた。

「焦ったらおしまい」。UAE戦の攻め急ぎを反省すると、「ボランチが引いたところからパスを入れて、そこからセカンドボールを拾ったり、(両サイドの本田)圭佑やキヨ(清武)がサイドに張ったり、いろいろ試す必要があった。連動というか、タイミングにちょっとズレがった」と、改善点を挙げた。

「もう一回、身を引き締めて。これが最終予選だという思いにみんながなっていると思う。遅いかもしれないけど、1敗したけど、まだ9試合あるので、そこに向かってやっていきたい」。あらためて痛感したアジアの難しさ。初戦の結果は取り返せないが、まだ挽回のチャンスは残っている。

最終更新:9月5日(月)23時34分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]