ここから本文です

左股関節痛から復帰の柏木「緩急とメリハリで勝つ」

ゲキサカ 9/5(月) 23:33配信

 日本代表は5日、タイ・バンコク市内にある試合会場のラジャマンガラスタジアムで公式練習を行い、6日のW杯アジア最終予選第2戦・タイ戦に向けて最終調整した。

 スタンバイOKだ。左股関節痛で1日のUAE戦(1-2)を欠場したMF柏木陽介(浦和)はフルメニューをこなしたと明言。「体調は良い。タイ戦に向けて準備してきた」と力強い口調で言った。

 ベンチ外だったUAE戦を外から見て感じたことがあった。「中へ中へという攻撃をしていて、効果的なプレーができていなかった。もっと相手を走らせること、裏を狙うことで中を空けるようなプレーをすること。緩急やメリハリをつけることが大事だと思った」

 タイについては映像から多くのことが分かっていると強調する。「日本のみなさんはタイは弱いと思っているかもしれないけど、サウジアラビア戦の映像を見ると、すごく良いサッカーをしている」と警戒。「相手は左サイドが特徴。10番、11番、21番が危険なので、そこをケアしないといけない」と、具体的な要注意人物を背番号で示した。

 日本が身長で優位に立てるセットプレーに関しては「ファーに蹴って折り返すのも有効」と、変化をつけていくことが重要であると指摘。「最終予選では失点を少なくすることが大切」と守備面でも気持ちを引き締めていた。

最終更新:9/5(月) 23:33

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報