ここから本文です

「かんきつ農業」を国の遺産に 協議会設立

愛媛新聞ONLINE 9月5日(月)21時51分配信

 愛媛県の南予で受け継がれてきたかんきつ農業を国の「日本農業遺産」にしようと、地元の自治体やJAは5日、県南予地域農業遺産推進協議会(会長・大城一郎八幡浜市長)を設立した。段々畑など持続的な土地利用といった農業システムの特徴をアピールして認定を取得し、地域固有の農業の継承や農産物のブランド化につなげる。
 日本農業遺産は、国連食糧農業機関(FAO)が認定する世界農業遺産を踏まえて、農林水産省が今年4月に国内版として創設した制度。伝統的な農法や農村文化を対象に9月末まで公募を受け付け、2017年3月までに第1弾を認定する。
 八幡浜市北浜1丁目の県八幡浜支局であった設立総会には10団体の代表者らが出席。大城会長は「農業遺産は南予地域のブランド化を目指す上で意義深い。認定の機運を地域全体で盛り上げ、一丸となって取り組みたい」とあいさつした。

愛媛新聞社

最終更新:9月5日(月)21時51分

愛媛新聞ONLINE