ここから本文です

メイ英首相、EU離脱を推進した閣僚の主要公約に疑念示す

Bloomberg 9月5日(月)9時41分配信

メイ英首相は、英国の欧州連合(EU)離脱を推進した閣僚が提示したポイントベースの移民制度やEU単一市場からの離脱などを含む主要公約について疑念を示した。

20カ国・地域(G20)首脳会議出席のため中国を訪問したメイ首相は記者団に対し、現在外相を務めるボリス・ジョンソン氏が6月23日の英国民投票前に提示した移民制度案に否定的な姿勢を示した。ジョンソン氏は需要のある資格や技能を十分に持つ場合には英国への移住を認めるポイントベースの移民制度を提唱していた。

メイ首相はポイントベースの制度の複雑さを元内相である自分が説明すれば極めて長い時間がかかるかもしれないと述べ、「問題の1つはポイントベースの制度が機能するかどうかだ」と指摘した。

ジョンソン氏はEU離脱運動の第一線に立ち、国民健康保険制度(NHS)への支出を年180億ポンド(約2兆4900億円)増額することや、光熱費への減税、EU単一市場からの離脱も公約していた。国民投票に際してEU残留の立場を取っていたメイ首相はこの週末、これらの公約への支持を控えた。

メイ首相はまた、EU離脱決定を受けて英経済が今後、困難な時期を迎えると警告。「すべて順調であるかのように振る舞うつもりはない」と述べ、最近のデータは経済の反応に関する「さまざまなメッセージ」を送っていると付け加えた。

原題:May Expresses Doubts About Brexit Campaign’s Key Promises (1)(抜粋)

Robert Hutton

最終更新:9月5日(月)9時41分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]