ここから本文です

米シェール企業の石油・ガスリグ稼働数が増加-コスト低下で

Bloomberg 9月5日(月)9時57分配信

米シェール企業は国内の石油・天然ガスリグ(掘削装置)の再稼働を増やしている。コストが過去最低水準に低下したことから、リグ稼働数は増加している。

ベーカー・ヒューズのウェブサイトのデータによれば、米国の陸上石油・ガスリグ稼働数は2日終了週に14基増えて482基となった。稼働数は主にテキサス州のパーミアン盆地とイーグルフォード・シェール層で増えた。沖合リグはハリケーン「ヘルマイン」の影響でメキシコ湾の7基が稼働を停止した。

データによると、石油リグはメキシコ湾で6基が稼働を停止したこともあり、全体では1基増にとどまって407基となった。稼働数が前週比変わらずだった先週より前は8週間で76基増え、ここ2年で最長の増加を示していた。

原題:Shale Drillers Resume Growth Run in Low-Cost Texas Plays (1)(抜粋)

David Wethe

最終更新:9月5日(月)9時57分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]