ここから本文です

ユーロ圏:8月の活動拡大ペース鈍化-総合PMIが19カ月ぶり低水準

Bloomberg 9月5日(月)17時47分配信

ユーロ圏の製造業とサービス業を合わせた経 済活動の拡大ペースが8月に鈍化し、2015年1月以来の低水準となっ た。

IHSマークイットが5日発表した8月のユーロ圏総合購買担当者 指数(PMI)改定値は52.9と、7月の53.2から低下。速報値の53.3か ら下方修正された。ドイツでの拡大ペース鈍化が目立った。PMIは50 が活動拡大・縮小の分かれ目。

欧州中央銀行(ECB)は8日に金融政策を決定する。ブルームバ ーグの調査に答えたエコノミストらは、最終的には追加刺激策が必要に なるとみているものの、時期については意見が分かれている。

IHSマークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソ ン氏は、指数のデータは「ECBが待たずに追加景気刺激策を投入する との観測を高めるだろう」とし、「景気見通しとインフレ目標に対する 中銀のコミットメントへの信頼を高めるために今週行動することを求め る」圧力に当局者らはさらされると指摘した。ドイツの減速が「最大の 懸念要因だ」と付け加えた。

同時に発表された8月のサービス業PMIは52.8と、7月の52.9を 下回った。

原題:Euro-Area Growth Slows to Weakest in 19 Months Before ECB Meets(抜粋)

Carolynn Look

最終更新:9月5日(月)17時47分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]