ここから本文です

アニメ「クラッシャージョウ」のBlu-ray BOX発売 劇場版は4K、OVAは2Kリマスターで収録

CDジャーナル 9/6(火) 18:01配信

 1977年より刊行され、9月8日(木)には最新巻「ガブリエルの猟犬」(ハヤカワ文庫)が発売される、作家・高千穂 遙の人気SF小説シリーズ「クラッシャージョウ」。80年代に制作されたアニメーション版を収録したBlu-ray BOXが12月14日(水)に発売されます。

 本BOXは、1983年公開の劇場版(監督: 安彦良和)を4Kリマスターで、1989年発売のOVA「クラッシャージョウ-氷結監獄の罠-」(監督・絵コンテ: 滝沢敏文)、「クラッシャージョウ-最終兵器アッシュ-」(監督 / 絵コンテ: 滝沢敏文)を2Kリマスターで収録。また、封入特典として、未公開の原画・設定画を多数掲載した資料集(100ページ予定)が付属。

 さらに、新たに撮り下ろされた〈クラッシャージョウ座談会〉の模様が特典映像として収められており、原作の高千穂 遙をはじめ、安彦良和監督、声優陣から“ジョウ”役を務めた竹村 拓、“アルフィン”役の佐々木るんが参加しています。

©高千穂&スタジオぬえ・サンライズ

最終更新:9/6(火) 18:01

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]