ここから本文です

「オバチャーン」が1カ月半遅れで新曲MV公開 通天閣でリリースイベントも /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)0時0分配信

 大阪のご当地アイドルユニット「オバチャーン」が9月4日、新曲「オバパ!~ヤなこと忘れてオバパーテー~」(7月14日発売)のミュージックビデオ(以下、MV)を約1カ月半遅れでユーチューブに公開した。(あべの経済新聞)

鎖につながれるセンターの舟井栄子さん

 同ユニットは、2012年に結成された大阪のおばちゃん13人で構成。アニマル柄の衣装でおせっかいなのが特徴。メンバーの大半は65歳以上で、「仏セブン」と呼ばれる選抜メンバーをメインにテレビなどに度々登場。デビュー曲「オバチャーンのテーマ」はユーチューブで115万回も再生されている。

 約1年ぶりとなる新曲「オバパ!~ヤなこと忘れてオバパーテー~」は、今年前半の世相から、不祥事や事件で世間を騒がせた人に向けた応援ソング。EDM(エレクトリックダンスミュージック)で踊れるパーティーソングに仕上げた。不動産チェーン「クラスモ」のCMソングにも起用されている。MVは、さまざまな有名アーティストをオマージュした内容になっている。

 MVの公開がリリース日より遅れたことについて、「歌とダンスをメンバーが覚えるのにスタッフの予想を大きく上回る日数かかかってしまった」とし、「スタッフが編集中にオバチャーンを見すぎてノイローゼ気味になり編集作業がストップした」という。

 通天閣(大阪市浪速区)地下のスタジオ210で敬老の日の9月19日、リリースイベント「わくわくオバチャーンランド14 ~高齢社会について考える~」を開く。開演時間は12時、14時、16時。観覧無料。オバチャーンの体力次第では16時の回は休む可能性があるという。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)0時30分

みんなの経済新聞ネットワーク