ここから本文です

スバル レガシィ アウトバック、米国でリコール…ボルトが緩む

レスポンス 9月6日(火)7時15分配信

スバル(富士重工)の米国向け主力車種、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を行う。

画像:スバル レガシィ アウトバック

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。スバルの米国法人、スバルオブアメリカから届け出を受けた、レガシィ アウトバックのリコールの内容を公表している。

NHTSAによると、今回のリコールは、足回りの不具合が原因。フロントのブレーキキャリパーやホイールハブ、スタビライザーの固定ボルトの締め付けが不充分で、ボルトが緩み、事故につながるおそれがあるという。

リコールの対象となるのは、2017年モデル。2016年6月20‐23日に生産され、米国で販売された車両が、リコール該当する。

スバルオブアメリカでは、対象車両を保有する顧客に連絡。販売店で点検を行い、緩んだボルトを交換するリコール作業を実施する。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9月6日(火)7時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]