ここから本文です

注目のニューフェイス・田中道子が「ドクターX」で女優デビュー! 「これは大変なことになってしまった」

cinemacafe.net 9月6日(火)7時0分配信

先日、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一ら個性的なキャストが参加することが発表された「ドクターX~外科医・大門未知子~」。第4シリーズとなる今回、「ミス・ワールド 2013」の日本代表・田中道子が本ドラマで女優デビューを果たすことが分かった。

【画像】田中道子

「いたしません」「私、失敗しないので」の名セリフでお馴染みの米倉涼子主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズ。2014年の第3シリーズから2年、10月から放送開始される今回の第4シリーズは、異色・孤高・反骨の天才フリーランス外科医”大門未知子(米倉涼子)が、天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる日本の最高峰「東帝大学病院」で活躍。医療の本質を見失って「病院の格付け」に躍起になる“白い巨塔”に、鋭いメスを入れていく。

キャストには、主演の米倉さんや蛭間重勝役の西田敏行、城之内博美役の内田有紀、神原晶役の岸部一徳、加地秀樹役の勝村政信といったお馴染みのレギュラーキャストが出演するほか、「東帝大学病院」の医師として、生瀬さん、吉田さん、滝藤さん。ブランディングのプロとして名を馳せる東帝大学病院の広報部長・南幾子役に草刈民代らが出演している。

そんな豪華キャストに加え、今回参加が決定したのは、「ミス・ワールド 2013 日本代表」で、今年3月には“女優宣言”をした田中さん。本ドラマで初めてお芝居に挑戦し、本格的に女優の道への第一歩を踏み出す。田中さんが演じるのは、東帝大学病院病院長・蛭間の秘書・白水里果役。表向きは蛭間に忠実に尽くす才色兼備な女性だが、その正体は金とステイタスが大好きで、蛭間を手玉に取る魔性の女という役どころだ。

本シリーズは両親と一緒に見ていたという田中さんは「別世界の話だと思っていたので、デビュー作が『ドクターX』だと聞いてうれしかったです。うれしかった後に、これは大変なことになってしまった、という感情が出てきました」と抜擢に戦々恐々としているよう。「芝居のレッスンは重ねてきて、自信はつけてきたけど、それでも『ドクターX』という作品の大きさに、大丈夫かなと不安でいっぱいです」と吐露している。

田中さんにとって米倉さんは、共演者である前に事務所の先輩。実は、女優を目指すきっかけとなったのは、米倉さんのドラマを見てからだと明かした田中さんは「今回、米倉さんとご一緒できることはとてもうれしいです」と喜んだ。さらに今回の役ついては「悪女役というものをやってみたかったし、演じ甲斐があるので楽しみ」と期待を語り、「女優として、“いつかレッドカーペットを歩きたい”という憧れがあります。ドラマだけでなく映画も好き。『007』のボンドガールはとても魅力的で好きなので、いつかやってみたい」と女優としての意気込みを語った。

また、米倉さんも彼女の出演を歓迎。「私が初めてドラマに出演した時は、田中さんほどセリフをもらえなかったんですよ」と過去の自分をふり返りつつ、「大先輩である西田敏行さんのそばで勉強させていただけるなんて、すごくラッキーな役だと思うんです。この貴重な時間を無駄にしないように、思いっきり頑張ってほしいです!」エールを送っていた。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」は10月より毎週木曜日21時~テレビ朝日にて放送。

最終更新:9月6日(火)7時0分

cinemacafe.net