ここから本文です

【訃報】K-1でバンナ追い詰めたノックウィー死去、51歳

イーファイト 9/6(火) 11:47配信

 ムエタイの名選手として知られるノックウィー・デービー(タイ)が9月1日(木)、死去していたことが分かった。51歳だった。死因は不明。

【フォト】ノックウィーが指導して世界トップクラスにまでなったスロウィンスキー

 ノックウィーはムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアムで3階級を制覇し、ルンピニースタジアムでも1位にランク。1989年3月に初来日し、オランダ・スーパーライト級王者イワン・グランドをハイキックで圧倒してKO。その後も数回来日して強さを見せつけたが、最も印象深いのは1995年の『K-1 WORLD GP』での戦いぶりだ。

 元々はライト級であるにも関わらず、70kgでヘビー級トーナメントに参戦。1回戦で身長差21cm、体重差35kgのジェロム・レ・バンナと対戦し、ローキックで大きなダメージを与えてハイキックも命中させるなど大健闘。当時「ノックウィーが勝っていたのではないか」との声が多く上がった。

“ムエタイ史上最強のミドルキックの使い手”として現在でも高く評価され、引退後はムエタイトレーナーとしてK-1で活躍したポール・スロウィンスキーなどを育てた。

 海外では、WMC(世界ムエタイ評議会)、IFMA(国際アマチュアムエタイ協会)などのムエタイ組織をはじめ各ムエタイジムなどが公式サイトで“レジェンド”ノックウィーに追悼の意を表している。

最終更新:9/6(火) 11:47

イーファイト