ここから本文です

SNSにアップしたくなる。。。浴衣が似合う風情は修善寺にあります。 <茶屋・一石庵>【伊豆市】

伊豆新聞 9月6日(火)11時56分配信

伊豆最古の温泉場として、夏目漱石や芥川龍之介など、多くの文人墨客に愛された修善寺温泉街。8月のにぎわいが終わり、夏の名残りを楽しむ人たちが行き交います。

【写真特集】伊豆の小京都・修善寺の町並み

1200年以上の歴史を持つ名刹『修禅寺』門前にある「一石庵」は、開放的な空間に、ほっと一息つけるなごみの茶屋。

2000(平成12)年11月にオープンし、修善寺に欠かせない店となった一石庵では、夏季限定「冷抹茶と和菓子のセット」や「宇治抹茶かき氷」などが人気。お彼岸の頃まで楽しむことができます。

店主の原京(はら・けい)さんは、「夏の暑さも和らぎ、若者が浴衣を着て歩く姿をよく見かけます。外国人に写真を撮ろうとせがまれている人もいますね」とほほ笑む。

伊豆の小京都と呼ばれる修善寺は、レンタル浴衣を着て、街をそぞろ歩くのが人気で、最近では風情ある景色をバックに写真を撮り合い、SNSに公開している人も多いそう。

「修善寺はどこを歩いても、浴衣が絵になるからオススメですよ」。カップルや友人同士で楽しそうに歩く姿を何組も見かけた。

修善寺は、竹林の小径や、桂川に架かる縁結びの橋として人気の「恋の橋めぐり」など、趣のある景色が凝縮された街。夏を惜しむ9月は浴衣を、紅葉の季節には着物レンタルを活用して、温泉場の雰囲気を満喫してほしい。(T)

◆茶屋・一石庵

※冷抹茶、かき氷は彼岸の頃まで

◆静岡県伊豆市修善寺950-1

◆電話番号/0558-72-2063

◆営業時間/午前10時~午後4時半

◆定休日/火曜日

   

  

   

最終更新:9月7日(水)9時30分

伊豆新聞