ここから本文です

M・スコセッシ監督の『沈黙』、日本公開は2017年

ぴあ映画生活 9/6(火) 10:58配信

戦後日本文学の金字塔とも称される遠藤周作の歴史小説『沈黙』を、マーティン・スコセッシ監督が映画化する『沈黙-サイレンス-』(原題:Silence)が、2017年に日本公開されることが発表になった。

その他の画像

本作は、江戸時代の初期、キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本に潜入した宣教師が目の当たりにする壮絶な出来事を通して、人間にとって本当に大切なものとは何か、神と信仰の意義を描く歴史大作。『沈黙』は、篠田正浩監督によって1971年に映画化されている。

キャストはアンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』)、リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』)、アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)のほか、日本から、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシらが出演する。

脚本はジェイ・コックス(『ギャング・オブ・ニューヨーク』)。撮影はロゴリゴ・プリエト(『ブロークバック・マウンテン』)。美術はダンテ・フェレッティ(『ヒューゴの不思議な発明』)と、豪華キャストとスタッフが集結。アメリカでは2016年末に公開予定で、本年度の賞レースにおける有力作との呼び声も高いという。

『沈黙-サイレンス-』
2017年全国ロードショー

最終更新:9/6(火) 10:58

ぴあ映画生活

なぜ今? 首相主導の働き方改革