ここから本文です

DF吉田が主審に警戒感 11年アジア杯で不可解レッドの過去

デイリースポーツ 9月6日(火)5時0分配信

 「W杯アジア最終予選、タイ-日本」(6日、バンコク)

 サッカー日本代表は5日、W杯ロシア大会アジア最終予選B組第2戦のタイ戦に向けて、試合会場で冒頭15分をのぞいた非公開練習で最終調整を行った。

 DF吉田麻也(サウサンプトン)が、タイ戦をさばく予定のイラン人主審に、改めて警戒感を示した。同主審は、11年のカタールアジア杯の1次リーグ・シリア戦でオフサイドの見逃しから、GK川島永嗣(メス)に不可解なレッドカードを出した人物。「何回かやっている審判だけど、かなり難しいですね」。激しさの中にも慎重さを忘れない守備で、タイを封殺する。

最終更新:9月6日(火)5時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。