ここから本文です

あのLINEスタンプ「目が笑ってない着ぐるみたち」がカプセルトイ化!全7種でBOX版も展開

インサイド 9月6日(火)11時54分配信

KADOKAWAは、スタンプ「目が笑ってない着ぐるみたち」のカプセルトイを12月に発売します。

【関連画像】

「目が笑ってない着ぐるみたち」はLINEスタンプクリエイターの「ポテ豆」氏によるオリジナルキャラクターです。LINEでの月間の総送受信数は3000万回を超え、「LINE Creators Stamp AWARD 2015」では準グランプリも受賞しています。

今回、このキャラクターがカプセルトイになって登場しました。これは、デスクトップなどさまざまな場所に飾れるミニフィギュアです。シュールで楽しげ、でも少し怖い着ぐるみたちがイラストのデザインをそのままに完全立体化されています。ラインナップは全7種。スタンプでもおなじみのポージングをした5人の着ぐるみたちのほか、カプセルトイ限定の彩色を施したシークレット2種を収録しています。

さらに、12月22日にはボックス版の発売も決定。こちらはベーシックな5種のほか、ボックス版限定の別カラーバージョンを追加した全7種となっています。

「目が笑ってない着ぐるみたち カプセルトイ版」は12月上旬発売予定価格は300円(税込)です。

(C)2016 ポテ豆

最終更新:9月6日(火)11時54分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。