ここから本文です

【香港】口座開設審査を透明化、ガイドライン公布へ

NNA 9月6日(火)8時30分配信

 香港で中小企業の銀行口座開設が難しくなっている現状を受けて、香港金融管理局(HKMA)は近く、口座開設の手順を透明化するための銀行業向けガイドラインを公布する。早ければ2週間以内となる予定。各銀行のウェブサイトに口座開設に必要な書類を明示することなどを求める。香港以外で登記した海外企業に対して実施する追加審査に関しても、必要な書類のリストアップを義務付けるとみられる。5日付蘋果日報が伝えた。
 HKMAは銀行業を取り巻く状況を踏まえつつ、透明かつ公平な銀行サービスを提供するという原則に基づき、企業規模の大小にかかわらず、どの企業も均一に基本的な銀行サービスを受けられるルール作りを目指しているとされる。先月の26日と31日には、銀行関係者約70人を集めて討論会を開催し、現行の口座開設プロセスの改善点や審査速度向上の可能性について意見を交換したという。
 HKMAは以前から、海外企業や中小企業、ベンチャー企業が香港の銀行で口座開設を申請する際、審査期間が長くなっている点に注目。国際的な大手銀行の1~2行にこの傾向が顕著にみられることを把握していた。これは近年、マネーロンダリング(資金洗浄)対策とテロ資金対策を強化する取り組みが国際社会全体で行われてきたことに関係しているとみている。
 しかし香港の有力経済団体、香港工業総会(FHKI)の林宣武(ウィリー・リン)副会長は、「やみくもに審査を厳格化すれば、口座開設が容易なシンガポールとの企業誘致競争に不利になる」と指摘した。

最終更新:9月6日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。