ここから本文です

25年ぶりセ・リーグ優勝へ秒読み 赤く染まる広島のまち

THE PAGE 9/6(火) 18:15配信

 プロ野球広島東洋カープのセ・リーグ優勝が目前に迫ってきた。優勝マジックは4となり、早ければ、あす7日にも25年ぶりリーグ制覇が決まる。あまりに長かったこれまでの道のりと、歓喜の瞬間を待つ地元ファンの思いを取材した。

没後20年 炎のストッパー津田恒実を偲ぶ

原爆からの復興目指して創設 球団経営は苦難の連続

 まさか、こんなに長い間、優勝出来ないとは思わなかった……。1970年代から1991年の『カープ黄金期』を覚えている世代は口を揃える。25年はあまりに長く、若手の選手とファンにとって優勝は初体験だ。

 広島東洋カープは他の球団と比べて特殊なチームだといわれる。原爆で焼け野原になった広島市の復興を目指し、終戦から5年後の1950年に創設。他の球団のように親会社を持たないため資金提供が無く、球団経営は常に苦難の連続だった。それでも「広島に居てくれる唯一のプロ野球チーム」として市民に愛され、そして支えられてきた経緯がある。

初優勝からの黄金期一転 巨人「メークドラマ」演出役になったことも

 初優勝は1975年。奇しくも今回のリーグ優勝と同じ、25年がかりの事。その時は平和大通りでパレードが行われ、およそ30万人のファンが集まったという。(ちなみに当時の広島市の人口は85万人)。その初優勝から1991年のリーグ優勝までの17年間は、後に「カープ黄金期」と言われ、6度のリーグ優勝と3度の日本一を経験した。またAクラス入りは17年でなんと15回。4位以下に落ちたのは1977年(5位)と1982年(4位)のたった2回だけだった。

 それから25年、リーグ優勝から遠ざかった空白の時間。なぜ勝てなかったのか。それは球団・選手・ファンそれぞれの思惑にまかせよう。勿論みんな頑張っていた。しかし1996年には中盤まで11.5ゲーム差をつけていた巨人に逆転され、後に流行語になる「メークドラマ」の演出役になるなどどうしてもリーグ優勝に届かなかった事実だけがある。

観客「ガラガラ」の時期も 新球場完成が転機

 そして、強い時代を知るファンは、広島市民球場の老朽化もあり野球観戦から離れてゆく。人気の在京球団以外の対戦カードでは、平日は観客が半分にも満たない「ガラガラ」の状態で、かろうじて週末に家族づれで賑わう程度。それは2009年の新球場『MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島』の竣工まで続き、選手と球団の経営を苦しめた。

 2009年、新球場が完成すると大きな変化が起こる。真新しい広く綺麗な球場に観客が戻り、地元の官民あげての応援が始まる。そしてユニフォーム等の球団グッズ戦略がヒットして球団の経営が安定すると、チーム戦力も徐々に充実し2013年には3位のAクラスに入るが、それは実に16年ぶりの事だった。

1/3ページ

最終更新:9/6(火) 20:44

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。