ここから本文です

【UFC】復活勝利のジョシュ、無傷の理由は「頭蓋骨が異常に分厚いから」

イーファイト 9月6日(火)13時17分配信

 9月3日(土・現地時間)ドイツ・ハンブルグで行われた『UFC FIGHT NIGHT 93』にて、アンドレイ・アルロフスキー(ベラルーシ)との元UFCヘビー級王者対決で一本勝ちを収めたジョシュ・バーネット(アメリカ)が、試合後にコメントを述べた。

【フォト】顔面を血に染めながら拳を振るうアルロフスキー

 今回の勝利でUFCヘビー級9位から7位へ2ランクアップしたジョシュ。試合ではアルロフスキーの強打を顔面に受ける場面もあったが、「ケガはしていないよ。頭蓋骨が異常に分厚いからか、脳みそが小さいからかだろうね。今までの僕の試合を見てもらうと分かるけれど、強打者のパンチをくらっても立っていられたから、問題ないね」と余裕を見せた。

 今後も上位ランカーとの対戦が期待されるが、「俺もアンドレイも既にヘビー級のベルトを獲っているし、他にも多くのファイターが王者になれる実力を示している。自分たちはいつでもタイトルに挑戦する準備は出来ている」とコメント。

 10日(土・同)に現ヘビー級王者スティペ・ミオシッチvs挑戦者アリスター・オーフレイムのUFCヘビー級タイトルマッチが行われるが、「もしもアリスターが怪我をしたら、アンドレイか俺かが代わりにタイトルマッチを戦うことだって出来るし、それは理に適っていると思う」と、オファーがあればすぐにでも王座挑戦にすると意欲を見せた。

 しかし一方では「ただ、自分たちにとって一番大切なことは、目の前にある一つ一つの試合でパフォーマンスを発揮することだ。将来的にはきっとタイトルに挑戦出来ると思うが、今はとにかくアンドレイを倒すことだけに集中してきた。トップに立つために出来ることはやっているし、ここからどうなるかだね」と、一戦一戦でしっかり結果を積み上げていくことが重要と話している。

PHOTO=Zuffa, LLC (c) /GettyImages (c)

最終更新:9月6日(火)13時17分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]