ここから本文です

「高畑母に性癖質問」の記者は「優秀」 東国原氏、「不快派」に反論

J-CASTニュース 9月6日(火)16時50分配信

 女優・高畑淳子さんの謝罪会見で物議を醸した「裕太の性癖」質問が再び議論を呼んでいる。元宮崎県知事の東国原英夫氏がこれを「優秀」「正攻法」と評したためだ。

 先の会見では、強姦致傷容疑で逮捕された息子・高畑裕太容疑者の性癖や性的嗜好についての質問が飛んだ。インターネット上では「母親に聞くべきではない」「不快だ」などと大きな批判を呼び、質問者の1人だった芸能リポーターの大村正樹氏は翌日、フェイスブックで謝罪する事態となった。

■「どれだけ辛辣な質問ができるか」

 東国原氏は、会見の話題を取り上げた2016年9月5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)の中で「あの記者をバッシングする一部の報道がありましたが、意味不明だった」と切り出し、大村氏を「優秀」だと評価した。

 質問内容を「デリカシーがない」と問題視していたフィフィさんらは驚きの声をあげたが、東国原氏はこれに構わず、

  「どれだけ辛辣な質問ができるか、踏み込んだ質問ができるか、深い質問ができるかなんです。それと相手を動揺させ、失言を誘導させる。これが記者としての腕ですわ」

と力説。記者会見に臨む側は「記者団と1対1で対峙し、(すべての質問を)受け止める覚悟を持って立つべき」だと指摘した上で、大村氏の質問を「正攻法な素晴らしい意見だった」と改めて称賛した。

 番組放送後、ネット上にはさまざまな意見が寄せられている。

 「失言を誘導」という部分に関してはあまり同意を得られていないようだが、踏み込んだ質問という意味では理解を示す声があり、「自分も同感」「不快にならない質問って相手に都合の良い質問ですよね」「批判する人の気持ちが分からない」といったコメントがみられる。

「タダの弱いものいじめ」「正攻法云々よりモラル」

 しかし全体的には反論が多い印象で、

  「それは政治家相手にやること」
  「正攻法云々より最後はモラル」
  「完全にマスコミ側の論理だよね」
  「タダの弱いものいじめじゃん」

といった声が相次いでいる。「ホリエモン」こと堀江貴文さんも5日、「わたしは正反対」とツイートした。

 こうした反論は東国原氏のもとにも直接届いているが、本人の主張は変わっていないようだ。

 あるツイッターユーザーが「どんな手段を講じてでも発言を引き出すのが記者の職務だというのでしょうか」との疑問をぶつけると、東国原氏は6日未明、「はい。それが記者の覚悟です。それにどう対応するかが質問される側の覚悟です」とツイッターで回答した。

 なお、性癖質問については、元フジテレビのフリーアナウンサーである長谷川豊氏も8月27日のブログで言及している。

 長谷川氏は質問内容が世間から非難を受けるものであることには理解を示しつつも、「今回の事件は『高畑容疑者の性欲』が大きな原因となっている以上...あの場で聞かない訳にはいかない質問です」と指摘。もし自身が会見の場にいたら「同じ質問を確実にしています」とつづった。

最終更新:9月6日(火)19時17分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。