ここから本文です

℃-uteと沙保里が“リオお疲れ”女子会約束

デイリースポーツ 9月6日(火)6時0分配信

 来年6月に解散する5人組女性アイドル、℃-uteが5日、東京・日本武道館で行ったライブに、リオ五輪女子レスリング金メダルの登坂絵莉選手(23)、伊調馨選手(32)、銀メダルの吉田沙保里選手(33)がゲスト出演した。

 5人が昨年歌った「ありがとう~無限のエール~」が日本レスリング協会公認の選手団讃歌となり、五輪直前合宿を訪問したり、メールのやりとりで3人と親交を深めてきた。

 メダルを持参した伊調選手らを矢島舞美(24)が「テレビで観戦して本当に感動した。お疲れさまでした」とねぎらうと、吉田選手から「℃-uteの応援に背中を押され、いい成績を収められた」と感謝された。萩原舞(20)が「女子会したい」とおねだりし、吉田選手が「スケジュール決めて本当にやろうね」と返すと、5人は大喜びした。

最終更新:9月6日(火)7時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。