ここから本文です

台湾新幹線、高度交通システムの世界会議で安全性など高評価獲得へ

中央社フォーカス台湾 9/6(火) 13:51配信

(台北 6日 中央社)オーストラリア・メルボルンで今年10月に開かれる高度道路交通システム(ITS)世界会議で、台湾高速鉄路(高鉄、新幹線)の「台湾高鉄スマート鉄道サービスシステム」が「アジア太平洋インダストリーアワード」を受賞することが分かった。香港やオーストラリアのシステムを抑えての受賞となる。

列車の運行管理、安全と緊急時の管理、予約購入サービス、旅客サービス、旅行情報サービスなどの面で高度なスマート化が図られていることが評価された。

高鉄では、官民が協力して高度交通システム産業の開発と運用を推進し、全体的な経済発展につなげたいとしている。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)

最終更新:9/6(火) 13:51

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。