ここから本文です

【オリックス】外れに外れた!外国人6選手に戦力外通告へ、9勝ディクソンのみ残留

スポーツ報知 9月6日(火)8時3分配信

 オリックスが、今季9勝(9敗)を挙げているブランドン・ディクソン投手(31)を除く外国人全6選手と来季の契約を結ばない方針であることが5日、分かった。

【写真】始球式に登場した小島瑠璃子はノーバンどころか大暴投

 球団はこの日、昨オフに加入したエリック・コーディエ投手(30)が6日に帰国すると発表。6月に発症した右そけい部のスポーツヘルニアの手術を米国で行うためだが、瀬戸山隆三球団本部長(62)は来季の契約延長について「残念だが考えづらい」と退団の見通しを示した。

 最速166キロ右腕の触れ込みながら1勝も挙げられなかったコーディエだけでなく、今季の助っ人陣はディクソンを除き全滅状態。今季で2年契約が切れるトニ・ブランコ内野手(35)はわずか27試合の出場にとどまり、シーズン途中に獲得したマット・クラーク内野手(29)も11試合で2本塁打、パット・ミッシュ投手(35)は登板3試合で0勝1敗、防御率8・44と惨たんたる数字が並ぶ。

 彼らと比べれば開幕4番を務めたブレント・モレル内野手(29)、同じく5番を務めたブライアン・ボグセビック外野手(32)はまだ頑張った方だが、モレルは打率2割4分4厘、ボグセビックは1割8分7厘。ディクソン以外は全員が現在2軍にいる助っ人たちに瀬戸山本部長は「まだシーズンがある。チャンスのある限り頑張ってもらうということ」と話したが、別の球団関係者は「厳しいと思う」と、来季の契約延長に否定的だ。

 福良監督も「こんな年は珍しい」と、ハズレ続きに泣いた最下位オリックス。来季は外国人のほぼ“総入れ替え”で浮上を目指す。

最終更新:9月6日(火)12時15分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。