ここから本文です

レイ・ハラカミの名盤『lust』が完全限定生産2LP見開きジャケットでアナログ・レコード化

CDジャーナル 9月6日(火)18時1分配信

 2011年7月に40歳の若さでなくなったレイ・ハラカミ(rei harakami)が遺した名盤『lust』(RINR1 4,630円 + 税)が完全限定生産の2LP&見開きジャケット仕様でアナログ化され、11月3日(木・祝)の“レコードの日”にリリースされることが決定しました。

 2015年、8タイトルのオリジナル作品がringsから再発され、反響を呼んだレイ・ハラカミ。くるり「ばらの花」のリミックスやUAのプロデュース、矢野顕子とのコラボレート企画など、さまざまなフィールドで活動を広げ、レイ・ハラカミ作品として最も知られることとなった代表作の4thアルバム『lust』がたくさんの要望に応えて、ついに2LPでアナログ・レコード化。3thアルバム『red curb』から4年を費やして作られた本作には、代表曲となった「joy」、自身初となるヴォーカルに挑戦した細野晴臣のカヴァー「owari no kisetsu」などを収録。ポップ・ミュージックとしても高い評価を受けた一枚であり、レイ・ハラカミを知るうえでかかすことができないアルバムです。

最終更新:9月6日(火)18時1分

CDジャーナル