ここから本文です

松田翔太“桃ちゃん”の幼少期に寺田心! 三太郎の出会いが明かされる

cinemacafe.net 9月6日(火)12時9分配信

auの“三太郎シリーズ”の新CM「三太郎の出会い」篇が、本日9月6日(火)より放映開始された。

この記事のほかの写真

新CMは、幼少期時代の桃太郎からスタート。今回その“子ども桃ちゃん”に抜擢されたのは、ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」の那覇三休役や、「OUR HOUSE」伴新太郎役など、ドラマや映画、CM、バラエティーなどで活躍する子役・寺田心だ。

撮影現場では、夏の快晴の朝、いつもこの現場では聞くことのない子どもたちの元気な「おはようございます!」の挨拶が響き渡っていた。今回は神社での撮影。祈祷から始まり、子どもたちも大人の真似をしながらしっかり安全祈願を行っていた。そして、シリーズ史上初の子役撮影がスタート。と言っても子どもたちはオーディションから含めて集まるのはもう5回目。なのでみんなすっかり仲良しで、そのパワーはすごく、気温30度越えの中でも全力で演技を披露していたようだ。

幼少期の出会いエピソードが描かれる今回の新CM。友達がいない桃太郎が冷やかされているところを、子どもの浦島太郎と金太郎が助けたことが3人の出会い。全員の名前に「太郎」がついていると意気投合した3人は、「友達のしるし」として浦島太郎は“貝殻”を、金太郎は“どんぐり”を、桃太郎に渡す…。

そして大人になった桃太郎(松田翔太)は、2人に出会ったあの頃の思い出し、「友達のしるし」を見つめていた。そんな様子を微笑ましく思うかぐや姫(有村架純)。そこへ浦島太郎(桐谷健太)と金太郎(濱田岳)が今日も騒がしくやってくると、桃太郎は「もう、毎日こなくていいよ~」と言いながらもとても嬉しそう。その様子を見たかぐや姫が微笑んでいると、そこには出会った頃と変わらぬ姿で、ふざけ合い笑っている三太郎の姿があった。桃太郎にとって初めて出来た友達は、いつしか一生の友となり、いまも昔もこれからも変わらず一緒にいる。というシーンを通じて、「ずっとずっとずっと、一緒に。」とタイトルが入る形になっている。また、CM内の桃太郎のナレーションにも注目していただきたい。

最終更新:9月6日(火)12時9分

cinemacafe.net