ここから本文です

上西小百合氏、タイタンを国会で追及へ 太田光代社長との「バトル」真意を語る

J-CASTニュース 9月6日(火)18時51分配信

 「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員(無所属)が、芸能事務所「タイタン」の太田光代社長とツイッターで「場外乱闘」を繰り広げた。

 太田氏をいきなり「テレビの閉塞感の代表」などと批判。太田氏も、事務所所属の芸能人や上西氏がしばしば出演する情報番組「サンデージャポン」(TBS系)にからめ、「文句があるなら『サンジャポ』に出演頂かなくて結構」と切り返した。J-CASTニュースでは、「乱闘」を終えた2人に心境を聞いた。

■「橋下徹さんの一連の問題には芸能事務所の存在がある」

 上西氏は2016年9月3日、太田氏のアカウントに「上西小百合と申します。私の秘書を含め、そこそこのご理解はされていると思いますのですが」と突然呼びかけた。

 そして、タイタン所属の橋下徹・元大阪市長に触れながら「ハッキリ言いますが、橋下徹さんのマネージメントは貴方には無理じゃないですか?明らかに問題を避ける地上波レベルだと思うのですが。テレビの閉塞感の代表が太田さんとテリー(伊藤)さんだと思う」と痛烈な批判を加えた。

 これに太田氏は「私は貴方の秘書を存じ上げません。貴方に対しても時々サンジャポに出演頂いている議員としか認識がありません」と素早く返信。「橋下さんは十三年前から弊社の顧問弁護士で弊社でタレント活動をしています」と明かし、「サンジャポに文句があるなら出演頂かなくて結構ですよ」と「切り捨てた」。

 上西氏は「なるほど。力のある芸能事務所とはそのような権利を持っている、という事でよろしいですね」と一言。太田氏が以後、当件に関するツイートをやめたのに対し、上西氏は「橋下徹さんの一連の問題には『タイタン』という芸能事務所の存在があるのは、わかっていた」となおもつぶやき続けた。

 なぜ突然、太田氏を批判したのか。9月6日、J-CASTニュースの取材に対し、上西氏は「『橋下徹さんのマネージメントは貴方には無理じゃないですか?』の部分が本音です」と語った。

1/2ページ

最終更新:9月6日(火)19時35分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。