ここから本文です

枚方市がウオーキングで健康支援 無料マップ配布、コース制覇で賞状と記念品も /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)7時0分配信

 枚方市では現在、健康づくりを支援する「~エンジョイトライ~京阪(枚方市駅~中之島駅、出町柳駅、私市駅)を歩こう」を実施している。(枚方経済新聞)

 取り組みは、市民が自身の健康に関心を持ち、行動することを支援する「ひらかたカラダづくりトライアル」の一環として、昨年度に実施された。参加者は、設定された京阪沿線のウオーキングコースを期間中に自由なペース配分で巡る。

 今回、枚方市駅~郡津駅と郡津駅~私市駅のコースが新設された。全14区間(1区間平均約5キロメートル)のモデルコースや観光ポイントのほか、健康コラムや消費カロリーなどを記載した「健康ウオーキングマップ」も作成。無料で配布している。

 コース中には「スタンプポイント」や「クイズポイント」があり、すべて達成した人には、2017年3月に同市が開催する「健康のつどい」で賞状と記念品が渡されるほか、達成者は特定健康検査などの健診を1つ以上受けると、同イベントでオリジナルグッズがもらえる。両方の条件を満たした希望者の中から抽選で、関西医科大学付属病院(枚方市新町2)で健康チェックを受診できるクーポン券がもらえる。

 期間は3月31日まで。健康ウオーキングマップの配布場所は、同市役所本館・別館受付、保健センター、保健所、各生涯学習市民センター。参加対象者は、同市民および同市内に在学、在勤中の人。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)7時0分

みんなの経済新聞ネットワーク