ここから本文です

「マグニフィセント・セブン」映像公開、クリス・プラット「原案はアキラ・キラサワ」

映画ナタリー 9月6日(火)9時0分配信

本日9月6日は黒澤明の命日にあたる。それに合わせ、黒澤の監督作「七人の侍」とジョン・スタージェス監督作「荒野の七人」を原案とする西部劇「マグニフィセント・セブン」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アントワーン・フークアがメガホンを取った本作は、個性豊かな7人のアウトローたちと悪党の戦いを描くアクションエンタテインメント。予告編の冒頭では、デンゼル・ワシントン演じる賞金稼ぎのサムが、町を荒らされ嘆く女性に「復讐を望む?」と問いかける。そして町で出会ったクリス・プラット扮するギャンブラーのジョシュとともに、仲間集めがスタート。イーサン・ホーク演じるスナイパーや、イ・ビョンホン扮する暗殺者、そしてハンター、流れ者、戦士が続々と登場する。

また同時に、ワシントンとプラットによる予告編紹介コメント映像もYouTubeにて公開された。こちらには、プラットが「原案はアキラ・“キラサワ”の『七人の侍』だ」と間違えてしまい、ワシントンに「アキラ・“キラサワ”だって?」と聞き返される様子などが収められている。

「マグニフィセント・セブン」は2017年1月27日よりロードショー。

最終更新:9月6日(火)9時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。