ここから本文です

2016年中高一貫・中学校、秋の文化祭日程一覧<男女別9-11月>

リセマム 9月6日(火)13時15分配信

 秋は多くの私立中高一貫校で文化祭が行われる季節。中学受験を考えている親子にとっては、志望校や未来の先輩たちを間近で見るチャンスだ。首都圏の人気中高一貫校を中心に、これから行ける文化祭・学園祭の日程を男女別に紹介する。なお、共学校は両方に含み掲載する。

女子のカレンダー

◆男子校(画像1)

 麻布、武蔵「武蔵記念祭」、聖光学院「聖光祭」、栄光学園「栄光祭」、栄東、横浜市立南高等学校・附属中学校(南附中)、さいたま市立浦和、鎌倉学園はすでに文化祭を終了しているが、多くの学校の文化祭は9月・10月に開催される。

 9月10日(土)と11日(日)に開催するのは、浅野「打越祭」、開智「開智発表会」、芝など。都立武蔵、両国「両国祭」、東葛飾「東葛祭II部」など、公立中高一貫校の文化祭も開催される。渋谷教育学園渋谷(渋渋)「飛龍祭」は9月10日(土)のみ、渋谷教育学園幕張(渋幕)「槐祭」は11日(日)のみ。

 9月17日(土)と18日(日)には多くの男子校・共学校の文化祭が集中。17日(土)には東邦大東邦「銀杏祭」、海城「海城祭」、駒場東邦、サレジオ「サレジオ祭」、本郷「本郷祭」、千葉、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校・附属中学校(サイフロ中)「蒼煌祭」が開催され、その多くは18日(日)の2日間にまたがる。攻玉社「輝玉祭」、小石川は18日(日)と19(月)。なお、小石川が実施するのは「創作展」。

 9月24日(土)と25日(日)は、開成、慶應義塾普通部「労作展」、明大明治「紫紺祭」、市川「なずな祭」が開催される。

 10月1日(土)と2日(日)には神奈川大附「くすのき祭」、早稲田中高「興風祭」、早稲田実業、広尾学園「けやき祭」が開催される。逗子開成は10月22日(土)と23日(日)、筑波大附属駒場(筑駒)は10月28日(金)から30日(日)までの3日間にまたがる開催。筑波大附属(筑附)「学芸発表会」は10月29日(土)のみ。世田谷学園「獅子児祭」と学習院中等科「鳳櫻祭」は10月29日(土)と30日(日)の2日間。なお、早稲田大学高等学院中学校は9月6日(火)現在、Webサイトでの日程公表は行っていない。

 11月も見逃せない文化祭が続く。青山学院中等部は11月5日(土)、6日(日)に開催。慶應義塾中等部「展覧会」と慶應義塾湘南藤沢は11月12日(土)と13日(日)に開催する。

◆女子校(画像2)

 共学校も合わせると、女子校の文化祭は9月17日(土)と18日(日)に集中している。17日(土)と18日(日)の2日間で開催される文化祭は、洗足「洗足祭」、お茶の水大「輝鏡祭」、品川女子「白ばら祭」、鴎友、吉祥女子「吉祥祭」など。白百合と雙葉「雙葉祭」は18日(日)と19日(月)。頌栄と桜蔭は24日(土)と25日(日)の開催。なお、頌栄女子は「Co-Learners’ Day(研究発表会)」の日程。浦和明の星はすでに終了している。

 10月9日(日)を抜かし、8日(土)と10日(月)には女子学院「マグノリア祭」と横浜共立「秋桜祭」が開催される。15日(土)と16日(日)は横浜雙葉「雙葉祭」の開催日。なお、9月6日(火)現在、学習院女子はWebサイトでの日程公表は行っていない。

 11月には2(水)と3日(木)のフェリス「フェリス祭」、5日(土)と6日(日)の豊島岡「桃李祭」が並ぶ。

 女子校の文化祭は入場対象や人数、チケット制などの入場方法に制限や注意があるため、事前に各校Webサイトで詳細を確認しておきたい。

《リセマム 編集部》

最終更新:9月9日(金)10時29分

リセマム