ここから本文です

JR東日本「品川新駅」のデザインを公開、2020年春の暫定開業を目指す

THE PAGE 9/6(火) 19:42配信

 JR東日本は6日、山手線田町駅と品川駅の間に建設する「品川新駅」(仮称)の概要を発表した。2020年春に暫定開業し、24年に本開業を目指すとしている。

山手線に30番目の新駅 「駅名」ってどう決まるの?

 品川新駅は田町駅から約1.3km、品川駅から約0.9kmのJR品川車両基地跡に建設。ホーム形態は、線路別島式の2面4線(山手線、京浜東北線)となる。

 デザインは、建築家の隈研吾氏が担当。同社によると、駅舎東西面には、大きなガラス面を、コンコース階に約1000平方メートルの吹き抜けを設ける。日本の伝統的な折り紙をモチーフとした大屋根を設けるなどして「和」を感じる駅にするという。

 大屋根の消雪用散水機能を活用し、打水効果で夏場の温度を下げるなどの工夫や太陽光パネルや小型風力発電機を設置して環境に配慮する。

最終更新:9/6(火) 19:51

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。