ここから本文です

JR東日本「品川新駅」のデザインを公開、2020年春の暫定開業を目指す

THE PAGE 9月6日(火)19時42分配信

 JR東日本は6日、山手線田町駅と品川駅の間に建設する「品川新駅」(仮称)の概要を発表した。2020年春に暫定開業し、24年に本開業を目指すとしている。

山手線に30番目の新駅 「駅名」ってどう決まるの?

 品川新駅は田町駅から約1.3km、品川駅から約0.9kmのJR品川車両基地跡に建設。ホーム形態は、線路別島式の2面4線(山手線、京浜東北線)となる。

 デザインは、建築家の隈研吾氏が担当。同社によると、駅舎東西面には、大きなガラス面を、コンコース階に約1000平方メートルの吹き抜けを設ける。日本の伝統的な折り紙をモチーフとした大屋根を設けるなどして「和」を感じる駅にするという。

 大屋根の消雪用散水機能を活用し、打水効果で夏場の温度を下げるなどの工夫や太陽光パネルや小型風力発電機を設置して環境に配慮する。

最終更新:9月6日(火)19時51分

THE PAGE