ここから本文です

ディスプレーに無線入力機能を付加、NECがスティック型の「プレゼンテーション用端末」

アスキー 9月6日(火)11時0分配信

NECディスプレイソリューションズは9月6日、ワイヤレスプレゼンテーション機器「MultiPresenter Stick」の販売を開始した。

 NECディスプレイソリューションズは9月6日、ワイヤレスプレゼンテーション機器「MultiPresenter Stick」の販売を開始した。
 
 サイズおよそ117×奥行き47×高さ14mm、重量およそ49gのコンパクトな筐体を採用。大型ディスプレーやプロジェクターのHDMI端子に接続し、無線インターフェースとして利用するもの。
 
 会議時など、ノートPCやタブレット、スマートフォンといった会議参加者の端末のディスプレーを無線LAN経由で表示すること可能。無線LAN環境下で、発表者の交代などを少ない手順で可能にするほか、ケーブル配線の手間を削減できるとしている。
 
 マウス用にUSB(Type-A)端子を、電源供給用にmicroUSB端子を設ける。無線LAN規格はIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)。対応OSはWindows 10、Windows 8.1、Windows 7(いずれも32bit/64bit)、Mac OS 10.7~10.11、iOS 7~9、Android 5.0~6.0。1年間で国内/輸出合計1万台の販売を見込むとする。
 
 
文● 貝塚

最終更新:9月28日(水)11時7分

アスキー