ここから本文です

今年のベッテルはうまく力を発揮できていないとニキ・ラウダ

TopNews 9月6日(火)19時54分配信

メルセデスAMGの非常勤会長を務めるニキ・ラウダが、現時点ではセバスチャン・ベッテルがフェラーリの中でうまく自分の役割を果たすことができていないようだと語った。

2015年にセバスチャン・ベッテルがレッドブルから移籍したときには、かつてフェラーリに黄金時代をもたらした先輩ドイツ人ドライバーであるミハエル・シューマッハのような人材だとの評価も高かった。そして2015年には3勝をあげ、2016年シーズンに向けて大きな期待を抱かせる結果を残してみせた。

だが、ラウダは現時点においてはベッテルがチーム内でうまく機能できていないようだと次のように語った。

「セバスチャンは希望の光としてフェラーリへやってきた。かつてのミハエル・シューマッハのような救世主として迎え入れられたんだ。最初はかなりうまくいっていたのだが、現時点ではセバスチャンはその役割をこなすことに苦戦している」

「その理由ははっきりとは分からない。だが、キミ・ライコネンのほうが速いことも少なくないし、セバスチャンのほうが弱いように見えてしまう。彼は間違いなく、自分自身とフェラーリが期待している役割を演じきれていないよ」

現役時代には合計3度F1タイトルを獲得したラウダは、レッドブルで4年連続F1チャンピオンとなったベッテルにはフェラーリでさらに頑張って現状を変えていく必要があると次のように付け加えた。

「それを変える必要がある。フェラーリは成功のための希望であり支えとなる人物としてベッテルを必要としているのだからね」

最終更新:9月6日(火)19時54分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。