ここから本文です

台湾プロ野球・義大、金融大手の富邦に売却へ 今月末にも契約か

中央社フォーカス台湾 9月6日(火)15時51分配信

(台北 6日 中央社)金融大手の富邦金融ホールディング(HD)による台湾プロ野球・義大ライノズの買収交渉がすでに最終段階に入っていることが5日、中華職業棒球大連盟(CPBL)の呉志揚会長(コミッショナーに相当)の話で分かった。呉氏によると、双方は今月末にも契約する見通しだが、公式発表は10月初旬になる可能性もあるという。

義大は6月に身売りを表明。CPBLはこれまで買収を希望する企業の存在を示唆しながらも、具体的な名前は明らかにしていなかった。消息筋によれば、買収額は2億4000万~3億台湾元(約7億9000万~9億8800万円)の間。

義大は鉄鋼業などを手掛ける義聯グループが2012年12月、興農ブルズを1億3000万元(現在のレートで約4億2700万円)で買収。翌2013年の前期は優勝したが、2014、2015年通年順位は4球団中3位と低迷し、今年も前期は最下位に終わっていた。

富邦金融HDは傘下の富邦育楽が2014年からプロバスケットボールチーム「富邦勇士」を運営している。

(林宏翰/編集:杉野浩司)

最終更新:9月6日(火)15時51分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。