ここから本文です

赤坂の老舗茶店「土橋園」が抹茶かき氷を提供中 「仕立抹茶」使う /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)7時0分配信

 赤坂の日本茶専門店「土橋園」(港区赤坂3、TEL 03-3582-3788)が現在、「かき氷 抹茶ラテ金時」を販売している。(赤坂経済新聞)

1892年に創業の日本茶専門店「土橋園」

 1892年に創業し日本各地のお茶を販売する同店。店内には4人掛けのテーブル席を3つ用意し、玉露やほうじ茶、水出し冷茶のほか、ようかんや白玉あずきなどの和菓子をイートインで提供。30種類以上のお茶の試飲も常時行う。今年6月には、毎年世界中の茶商が集まって見本市を開く展示会「WORLD TEA EXPO 2016」に出展。110社以上の中から、同店の「仕立抹茶」が「COLD TEA 部門」で第3位に選ばれた。

 同店が現在販売している「かき氷 抹茶ラテ金時」(500円)は、夏季限定で扱うお茶「朝露雁ケ音」を氷らせたものから作る。店長の土橋功さんは「『朝露雁ケ音』は天然玉露と呼ばれる『朝露』を製造する際に出る茎の部分を集めたお茶で希少なもの」と話す。氷の上からは練乳、白玉、あずきをトッピングし、最後に「仕立抹茶」を振り掛けて客に提供する。

 「かき氷は昨年初めて提供し大変好評だった。特に年配の男性客や20~50代の女性客、OLなどから人気が高い。現在は、冬に向けた和菓子の提供なども考案している」と土橋さん。「仕事の打ち合わせスペースとしても活用していただきたい。ランチの後の食後のデザートとしても足を運んでもらえれば」とも。

 営業時間は、平日=10時~18時30分。土曜日=11時~18時。日曜・祝日定休。かき氷は材料がなくなり次第販売終了。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)7時0分

みんなの経済新聞ネットワーク