ここから本文です

黒沢清「ダゲレオタイプの女」釜山とシッチェス・カタロニア映画祭に正式出品

映画ナタリー 9月6日(火)9時30分配信

黒沢清が監督を務めた「ダゲレオタイプの女」が、10月6日より韓国で開催される第21回釜山国際映画祭のガラプレゼンテーション部門と、現地時間10月7日からスペインで開催される第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭のニュービジョン部門に正式出品されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

10月15日より公開される「ダゲレオタイプの女」は、1839年に発明された写真撮影法を巡って起こる悲劇を描いたホラーラブストーリー。主人公ジャンをタハール・ラヒム、ジャンが思いを寄せるマリーをコンスタンス・ルソー、マリーの父である写真家ステファンをオリヴィエ・グルメが演じた。

釜山国際映画祭では、黒沢がハンドプリンティング(手形取り)を行うことが決定している。映画界に多大な貢献をしてきた人物を、毎年数名招待して行うハンドプリンティング。黒沢は、北野武、今村昌平、鈴木清順、若松孝二に続いて、日本人監督としては5人目に名を連ねることになる。

なお本作は、現地時間9月8日よりカナダで開催される第41回トロント国際映画祭のプラットフォーム部門にも正式出品されている。同部門ではブライアン・デ・パルマ、チャン・ツィイー、マハマト=サレ・ハルーンが審査員を務める。



(c)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema

最終更新:9月6日(火)9時30分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。