ここから本文です

筐体を刷新、GTX 10シリーズでVR対応の新Alienware登場

アスキー 9月6日(火)13時45分配信

米デルは9月2日(現地時間)、GeForce GTX 10シリーズを搭載しVRに対応するゲーミングノートパソコン「Alienware 17」「Alienware 15」「Alienware 13」を発表した。

 米デルは9月2日(現地時間)、GeForce GTX 10シリーズを搭載しVRに対応するゲーミングノートパソコン「Alienware 17」「Alienware 15」「Alienware 13」を発表した。
 全機種とも筐体を刷新。筐体はアルマイト処理を施したアルミニウム、マグネシウムのアレイ、スチールと銅で強化されている。
 
 Alienware 17は、ディスプレーにTobii Technology製の視線追跡デバイスを搭載。これにより、Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」による顔認証サインインに対応する。また、カメラがユーザーの視線を認識し、席を離れたときに自動的にパソコンをロックする機能や、ユーザーが見ているときだけキーボードのバックライトやイルミネーションを光らせる機能などが利用できる。
 
 主なスペックは、CPUがCore i7-6820HK(2.7GHz)、GPUがGeForce GTX 1060(6GB GDDR5)/Radeon RX 470(8GB GDDR5)/GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)/GeForce GTX 1080(8GB GDDR5)、メモリーは8GB~32GB、ストレージは1TB HDD/1TB SSD(M.2接続もしくはSerial ATA 6Gbps接続)という構成だ。米国で9月30日に販売開始予定。
 
 Alienware 15は、ディスプレー部にTobii Technology製の視線追跡デバイスではなく赤外線カメラを搭載。Windows Helloやユーザーの離籍によるパソコンのロック機能などは利用できる。ディスプレーはIPSでノングレアの15.6型で、解像度は1920×1080ドット。また、標準で68Wのバッテリーを内蔵し、オプションで99Wのバッテリーの搭載も可能だ。
 
 CPUはCore i7-6820HK(2.7GHz)もしくはCore i5の選択も可能。GPUはGeForce GTX 1060(6GB GDDR5)/Radeon RX 470(8GB GDDR5)/GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)で、メモリーは8GB~32GB、ストレージは1TB HDD/1TB SSD(M.2接続もしくはSerial ATA 6Gbps接続)。こちらも米国では9月30日に販売開始予定。
 
 Alienware 13は、GeForce GTX 10シリーズを搭載するほか、ALIENWARE 13 OLEDと同じ有機ELパネルを採用しているという。詳細なスペックは未定。米国では11月に発売予定だ。
 
 
文● 八尋/ASCII

最終更新:9月15日(木)21時14分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]