ここから本文です

少年237人補導 静岡、夏休み「ポケGO」深夜徘徊

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月6日(火)7時42分配信

 静岡県警は5日、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をプレーするため深夜に出歩いたなどとして、7月22日~8月31日の夏休み期間中に少年237人を補導したと発表した。

 国内にゲームが配信された7月22日から31日までの10日間に、深夜徘徊(はいかい)などで184人を補導した。その後はブームが一段落したとみられ、8月1~31日の補導は53人だった。補導された237人のうち高校生が半数余りの129人で、中学生は17人、小学生はいなかった。

 補導された場所は公園が最も多く、路上、寺社が続いた。「子どもが集まってゲームをしている」などの110番も相次いだ。

 県警少年課は「日を追うごとに補導件数は減少しているが、深夜徘徊は犯罪被害に遭う恐れが高い」として注意を呼び掛けている。

静岡新聞社

最終更新:9月6日(火)11時31分

@S[アットエス] by 静岡新聞