ここから本文です

「ミス」日本代表にハーフ女性 また出た「日本っぽくない」の声

J-CASTニュース 9月6日(火)20時14分配信

 世界3大ミスコンの1つ「ミス・ワールド」の日本代表が決まり、その選考結果を巡って、ネットでちょっとした論議になっている。

 芸能界やスポーツ界などでは最近、日本人と外国人との間に生まれたハーフの活躍が目立っている。

■日印ハーフの女性がグランプリに選ばれる

 東京都内で2016年9月5日に選考会が行われたミス・ワールドでも、ハーフの女性がグランプリを射止めた。

 父親がインド人、母親が日本人という日印ハーフの吉川プリアンカさん(22)だ。スポーツ紙各紙の報道などによると、吉川さんは、モデルのほか、通訳もしており、インドつながりなのか、象使いの資格もあるというユニークな女性だ。特技はキックボクシングで、将来は女優としてインド映画にも出たいと話しているそうだ。

 ミス・ワールドの本選は、アメリカで11月29日から131か国の代表が参加して行われる予定。日本は、3大ミスコンのうち、ここだけ世界一になったことはないという。

 吉川さんは、身長が176センチあり、すらりとしていてエキゾチックな笑顔が印象的だ。

 しかし、ニュースのコメント欄などでは、好意的ではない意見も多くの支持を集めている。ハーフの吉川さんについて、「日本っぽくない」「どこの代表だか分からなくなりそう」「もっと綺麗な人いるだろ」と違和感を訴える声も多い。

 選考会では、6920人の応募から31人のファイナリストが選ばれたが、吉川さんも含めてハーフの女性が3人いたことにも疑問が出ていた。

 もっとも、世界一を目指すミスコンとあって、「派手な顔の人が勝ちやすい」「日本人が思う綺麗と世界が思う綺麗は全然違うってこと」といった指摘もあった。

 今回の選考会では、視聴者も電話やネットを通じて投票に参加することができ、その上位は、ハーフではない女性から選ばれていた。

 ちなみに、1位は中武夢未さん(実行委員長賞)、2位は鈴木早紀さん(審査員特別賞)、3位は栗山千加さん(ミスヨガ)と当日に会場発表された。ネット掲示板などで人気があった女性もこの中に入っている。

1/2ページ

最終更新:9月7日(水)18時23分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。