ここから本文です

習主席が貿易協定受け入れ用意、メイ氏「英中関係は黄金時代」

ロイター 9月6日(火)5時15分配信

[杭州(中国)/ロンドン 5日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は英国のメイ首相に、二国間の貿易協定を締結する可能性について受け入れ用意があると表明した。

20カ国・地域(G20)首脳会合の会場で、英当局者が記者団に説明した。

中国が出資予定の英サマセット州ヒンクリーポイントの原発新設計画について、メイ首相は7月、プロジェクトの最終決定を遅らせる方針を発表。両国間に外交的緊張が高まっている。

同当局者は「前政権が推進した一部の合意事項について、決定に一定の時間が必要になることを、習国家主席は認識していた。習氏はこれら問題の解決まで辛抱強く待つ用意があると話した」とした。

習氏の発言が、ヒンクリーポイントに関する言及だったのかとの質問には、具体名は出なかったなどと答えた。

一方、メイ氏は、両国関係は「黄金時代」を迎えていると指摘。原発新設計画に関する決定で、戦略的連携関係が妨げられることはないとの認識を表明した。G20首脳会合終了後、記者団に語った。

最終更新:9月6日(火)5時15分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]