ここから本文です

Razer、7.1 サラウンド機能を搭載したゲーミングヘッドセット

アスキー 9月6日(火)14時2分配信

米Razerは9月2日(現地時間)、ヘッドセット「Razer ManO’ War 7.1」を発表した。

 米Razerは9月2日(現地時間)、ヘッドセット「Razer ManO’ War 7.1」を発表した。価格は119.99ドル(日本円でおよそ1万2413円)。
 
 Razer ManO’ War 7.1は50mmドライバーを搭載し、バーチャル7.1チャンネルのサラウンドサウンドで再生可能だ。設定ソフトウェアRazer Synapseで、サウンドのカスタマイズ可能だ。
 
 サウンド・アイソレーション・テクノロジー、インラインボリュームコントロール、収納タイプのMEMS ブームマイクを搭載し、能率的なゲーミングオーディオを体感できるという。3.5mmステレオミニジャックを持つ機器と、Windows、Mac、PS4、Xbox Oneに対応する(別売りのXbox Oneステレオアダプターが必要な場合がある)。
 
 周波数特性は20-20000Hzで、インピダンスは32Ω(1kHz)。重さはおよそ332g。マイクの周波数特性は100–10000Hzで、感度は-42±3dB。
 
※7.1サラウンド機能は、WindowsでSynapseソフトウェアを使用した場合のみ有効。
 
 
文● 田沢

最終更新:9月27日(火)19時15分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]