ここから本文です

永原真夏&工藤歩里のアコースティック・ユニット、音沙汰がライヴ盤を発表

CDジャーナル 9/6(火) 18:01配信

永原真夏&工藤歩里のアコースティック・ユニット、音沙汰がライヴ盤を発表

永原真夏&工藤歩里のアコースティック・ユニット、音沙汰がライヴ盤を発表

 ロック・バンドSEBASTIAN Xのメンバーである永原真夏と工藤歩里のアコースティック・ユニット、音沙汰(おとさた)が初のライヴ・アルバム『荒野の彗星』を10月16日(日)にリリース。本作は、8月に東京・早稲田奉仕園スコットホール講堂で行なわれた単独公演の模様を収めたもので、数量限定の特別盤と通常盤の2形態が用意されており、永原のオンライン・ショップと、ライヴ会場のみでの販売です。

 音沙汰は『荒野の彗星』のリリースに合わせ各地でライヴも決定。東京(10月16日開催 / 会場: 吉祥寺 曼荼羅)、愛知(10月30日開催 / 会場: 名古屋 揚輝荘)、京都(11月5日開催 / 会場: 西院 OOH-LA-LA)の3会場に登場します。京都公演はイベント〈アンソロジー〉となり、音沙汰ほか、ガール椿、小棚木もみじ、ふゆふきうどん、YDOでんじゃらす弾き語りらが出演します。

最終更新:9/6(火) 18:01

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]