ここから本文です

ビートルズ記録映画にシガニー・ウィーバーがインタビュー出演、14歳当時の写真も

映画ナタリー 9/6(火) 11:27配信

ザ・ビートルズの公式ドキュメンタリー「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」に、シガニー・ウィーバーらがインタビュー出演していることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ビートルズが1963年から1966年までに巡ったライブツアーの模様を集めたもの。「ビューティフル・マインド」のロン・ハワードが監督を務めた。今回のインタビューは、14歳のウィーバーが米国・ハリウッドボウルでライブを鑑賞する様子がアーカイブに残っていたことから実現に至ったという。当時のウィーバーの姿を捉えたカットも、あわせて公開された。

そのほか出演が明らかになったのは、ウーピー・ゴールドバーグ、エルヴィス・コステロ。そして「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」「HELP! 四人はアイドル」の監督であるリチャード・レスターや、写真集「ビートルズ 東京-100時間のロマン」を手がけたカメラマン浅井慎平もインタビューに答えている。

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」は9月22日より東京・角川シネマ有楽町ほか全国で公開。

最終更新:9/6(火) 11:27

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]