ここから本文です

TPP、米国いずれ承認へ 交渉相手国に利点説得不要=オバマ氏

ロイター 9月6日(火)6時26分配信

[杭州(中国) 5日 ロイター] - オバマ米大統領は5日、米国がいずれ環太平洋経済連携協定(TPP)を承認するとの認識を表明した。20カ国・地域(G20)首脳会合の閉幕に際し、記者団に語った。

オバマ氏は、アジアの交渉相手国にTPPの利点について説得する必要はないと指摘。

選挙シーズン中は米政界には雑音が多いとし、米国では過去にも通商協定の批准が難航したこともあったが、最終的には承認されたと述べた。

*カテゴリーと写真を追加して再送します

最終更新:9月6日(火)10時0分

ロイター