ここから本文です

ジョセフ新HC目指す19年W杯4強 ラグビー日本代表やればできる!

デイリースポーツ 9月6日(火)6時3分配信

 ラグビー日本代表の新ヘッドコーチ(HC)に就任したジェイミー・ジョセフ氏(46)が5日、都内で会見した。19年に日本で開催されるW杯に向けて、「日本と同じような歩みをした」という15年W杯4強のアルゼンチンを例に挙げ「日本もやれない理由はない」と意気込みを示した。また、各カテゴリーの日本代表と、スーパーラグビーの日本チーム・サンウルブズの総監督を務めることも発表された。

 再び世界を驚かすことができるか。ジョセフHCは選手時代、ニュージーランド代表としてW杯で準優勝し、日本代表にも選出された。昨年のW杯で歴史的3勝に導いたエディー・ジョーンズ氏の後を継ぎ、19年W杯を戦うことに「挑戦になると思う」との覚悟を示した。

 具体的な数字の目標は掲げなかった。トップリーグ、サンウルブズ、テストマッチなどをこなす日本代表のスケジュールを「非常に難しいことと思うと同時に、代表の強化に一番いい環境」と前向きに捉えた。そして、アルゼンチン代表を例に「彼らも、われわれと似た歩みをしてきたと思う。最初のころは苦しんでいたはず。とても難しい挑戦をしていたと思うが、昨年のW杯でトップ4に入った。日本も2019年にやれない理由はない」と口にした。

 日本代表については「スキルに長けていて、持っているエネルギーをすべてつぎ込む激しさがあった。パワーは世界に追いつかないといけない」との印象を持った。指導については「私はエディー・ジョーンズではないので、彼がやったことをそのままやるのではなく、自分が思うところをやっていく。ただ、過去に何が行われていたかは知って、相手に勝つためにどんなアドバンテージを創出していくかを考えないといけない」と自身の色を反映させる考えだ。

 世界ランク12位の日本は今後、11月にテストマッチ4試合に臨む。“ジョセフ・ジャパン”の初陣の相手は、くしくも世界7位のアルゼンチンだ。

最終更新:9月6日(火)7時56分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]