ここから本文です

新宿駅に「ダリ展」開催を記念したプリントシール機 ダリになれる写真シール /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)8時0分配信

 丸ノ内線新宿駅プロムナードに9月5日、20世紀を代表する芸術家、サルバドール・ダリのひげがスタンプできるプリントシール機が登場した。(新宿経済新聞)

「ダリ風のひげ」がスタンプされたプリントシールのイメージ

 同機は、国立新美術館(港区)で9月14日から開催される「ダリ展」を記念して設置されたもの。プリントシール機のブースに入り、音声ガイドに合わせて写真を撮ると、ダリのトレードマークともいえる、ワックスで固めた口ひげのイメージを写真にスタンプすることができる。

 「ダリ風のひげ」スタンプは全部で8種類、限定フレームは6種類を用意。「プリントシールをきっかけに、学生など若い方にも展示会に興味を持ってほしいと企画した。ひげのスタンプはダリを連想させるが、背景画像もスペインにあるダリ美術館の壁をモチーフにしたものやダリの世界観をイメージしたものを用意しているので、自由にセレクトして楽しんでもらえたら」と同展担当者。

 撮影後はシールになった写真を持ち帰ることができる。プリントシールに記載のURLから、撮影した写真をダウンロードし画像を保存することも可能。

 今回のダリ展は、世界の3つの主要なダリ・コレクションに加え、日本国内の重要作品を合わせた構成で、日本での本格的な回顧展としては約10年ぶりとなる。「約250点の作品を紹介する過去最大規模の大回顧展。『ダリ展』にもぜひ、足を運んでもらえたら」とも。

 実施時間は7時~22時。無料。設置は9月11日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】

最終更新:9月6日(火)8時0分

みんなの経済新聞ネットワーク