ここから本文です

PCやスマホにたまる「キャッシュ」の本来の意味って? ITで学ぶ英単語

ITmedia PC USER 9月6日(火)6時10分配信

 IT用語で「キャッシュ」というと、データをHDDなどの比較的遅い記憶装置から高速なメモリ(RAM)に置いてデータのやりとりを高速化する仕組みや、置かれるデータそのものを指したり、あるいはアクセスしたサイトのデータをブラウザがHDD上に保持することで、次回のアクセス時にダウンロードの時間を省く仕組みのことを指すのは皆さんご承知だと思います。ですが、「キャッシュ」(cache)のIT用語以外の意味はご存じでしょうか。

【キャッシュの本来の意味】

 このように、データをメモリ等に一時的に置いておくイメージを持っていれば、キャッシュ(cache)がもともとは上記のような意味、すなわち「貯蔵所」や「貯蔵物」といった意味をもつことも覚えやすいのではないでしょうか。

最終更新:9月6日(火)6時10分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]