ここから本文です

【ドイツ銀行選手権】松山15位 プレーオフ最終戦「ツアー選手権」に3年連続出場確定

東スポWeb 9月6日(火)11時19分配信

【マサチューセッツ州ノートン5日(日本時間6日)発】米男子ツアーのプレーオフ第2戦「ドイツ銀行選手権」(TPCボストン=パー71)最終日、20位から出た松山英樹(24=LEXUS)は3バーディー、2ボギーの70で回り、通算8アンダーの15位まで順位を上げた。

 松山はこれでフェデックスポイントランクを17位から16位に上げ、プレーオフ最終戦「ツアー選手権」(22日開幕、ジョージア州イーストレークGC)に3年連続で出場が確定。プレーオフ初戦はまさかの予選落ちに終わったが、急ピッチで調子を上げており「次週以降は予選落ちがないので、少しでもいい状態に持っていけるようしっかり練習する」と、第3戦「BMW選手権」(8日開幕)からの巻き返しを誓った。

 優勝は通算15アンダーのローリー・マキロイ(27=英国)。3日目終了時点で単独首位に立っていたポール・ケーシー(39=英国)に6打差をつけられていたが、65で回り7位から逆転し、今季初優勝を決めた。

最終更新:9月6日(火)11時32分

東スポWeb