ここから本文です

【投資のヒント】二桁増益での最高益更新に向けて好スタートを切った銘柄は

ZUU online 9月6日(火)17時50分配信

昨日は最高益見通しの銘柄のなかからコンセンサス予想が会社予想を5%以上上回り、上振れが期待されているものを取り上げましたが、今回は大幅増益での最高益更新に向けて好スタートを切った銘柄を取り上げてみました。

具体的には通期の会社予想が二桁増益での最高益見通しとなっている銘柄のなかから、上期予想に対するこの第1四半期の進捗率が60%以上のものをピックアップしてみました。

そのなかには日本新薬 <4516> や日新電機 <6641> のように第1四半期の実績が既に上期の見通しを上回っているものもあり、日本新薬の上期予想に対する進捗率は138%余り、日新電機の進捗率は102%近くとなっています。

そのほかエス・エム・エス <2175> やTOKAIホールディングス <3167> 、マンダム <4917> でも8割を超え、高い進捗率となっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:9月6日(火)17時50分

ZUU online

チャート

日本新薬4516
5450円、前日比+100円 - 9月26日 15時0分

チャート

日新電機6641
1660円、前日比-21円 - 9月26日 15時0分

チャート

エス・エム・エス2175
2567円、前日比+15円 - 9月26日 15時0分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]